住宅ローンの審査は厳しい

銀行のカードローンと消費者金融のキャッシングを比べたとき、前者のほうが審査は厳しいといわれています。 もちろん、最近の銀行のカードローンは、パートやアルバイトでも申し込めるようになっているのですが、それはあくまでも「申し込める」ということ。 申し込んで実際に審査を通過するかどうかというのは、また別問題です。 そんな銀行のカードローンですが、審査を通りやすくする方法というのはあるのでしょうか。 あります。 それは、その銀行のほかのローンを利用するということです。 銀行では、カードローン以外にも、住宅ローンや自動車ローン、医療ローンや教育ローンといったものがあります。 もちろん、これらのローンも審査を受けなければなりません。 特に大変なのが、住宅ローンです。 何といっても、借りる金額が桁違いとなります。 1000万円単位で借りますので、他のローンと比べても、かなり厳重なチェックが行われています。 しかし、これこそが銀行のカードローンの審査において、いい方向に働くのです。


 

ローンを同じ銀行で揃えよう

住宅ローンの審査の厳しさは、カードローンのそれをさらに上回るものです。 そんな厳しいチェックを無事に通過した人ならば、返済能力もしっかりしていると、当然考えられるでしょう。 カードのローンを借りる際には、他の借り入れ状況というのが厳しくチェックされるのですが、実は住宅ローンの借り入れ金額はあまり重視されません。 住宅ローンまで考慮に入れていたら、カードのローンを借りることが誰もできなくなってしまうからです。 住宅ローンであれば、他の銀行からの借入でもいいのではと思いますが、そうでもありません。 住宅ローンとカードのローン、この2つを同じ銀行で揃えることには、大きな意味があります。 それは、まずはチェックが簡略化されるということです。 自分の銀行でチェックした住宅ローンだから、その信頼性はもっとも高いといえます。 また、金利が優遇されるケースがあります。 住宅ローンを申し込んでいる人が、カードのローンを申し込むと、金利が優遇されるところもあるのです。