カードローンの利息計算と対策

カードローンの利率は融資限度額と反比例しているので、ある程度の限度額を設定してもらえば、クレジットカードのキャッシング利率よりはるかに有利な借り入れをすることができます。 とはいえ、安くない利率であることは間違いなく、少しでも利息を減らすことが上手なカードローンの使い方です。 カードローンの利息計算は日割り計算です。 つまり、一日ごとに利息計算をして行くことになります。 そのため、借りるのは一日でも遅い方がいいですし、返済は一日でも早い方がいいというわけです。 借りる金額自体が少ない場合、このような返済方法をしても利息の節約額は大した金額ではありません。 しかし、このような習慣をつけておくことで借り過ぎや返済遅延を事前に防ぐことができるというメリットもあります。 また、カードローン自体の申込も、できるだけ低利率の信販会社を選択することが大切です。 もっとも融資限度額が大きいカードローンの宣伝は、申込者全員にその恩恵があるわけではないので注意が必要です。


 

実際の申込と利用の手段

カードローンの取扱は、信販会社と銀行がしていますが、融資限度額という面で見ると銀行の方が有利です。 信販会社は年収の3分の1という貸金業法の縛りがありますが、銀行にはこの縛りがないからです。 また、給与の銀行振込を利用している場合、銀行側のサービスという面と素性がわかっているという安心感もあり、融資限度額が上がる傾向にあります。 信販会社を利用する際も、中小より大手の方が融資限度額が高くなる傾向があります。 また、返済にも一工夫必要です。 一日でも遅く借りて、一日でも早く返済するという鉄則から、給料日等のお金が入金された日には一旦カードローンの残高をゼロにすることをお勧めします。 最近のカードローンは、コンビニで利用も返済もできます。 コンビニのATMは、銀行のキャッシュカードも利用できますから手間がかかりません。 当然クレジットカード等の引落日に残高不足になりますから、引落日にコンビニでキャッシングして銀行口座に入金すればいいのです。