銀行は多く申し込める

カードローンに申込むとき、契約内容の確認をすることが重要となります。 消費者金とは異なり、銀行のカードローンに申込みをすると、限度額が高いということに気づかされます。 消費者金融ですと、なかなか多くのお金を借りることができません。 100万円くらい借りられればいいほうです。 しかし、銀行のカードローンに申込みをすると、それ以上のお金を借りられるのは、当たり前なのです。 大手の銀行やネット専業銀行となりますと、500万円以上借りられるのは当たり前。 中には、1000万円というまるで住宅ローンのような限度額があるのです。 これには、大きく分けて2つの理由が考えられます。 それは、カードローンが基盤がしっかりしていること。 経営基盤がしっかりしている銀行は、1000万円くらいの申込みの限度額であっても、結構大丈夫なものです。 消費者金融の大半では、経営基盤が銀行ほど磐石ではありませんので、それもなかなか難しいところです。 よって、限度額は少ないのです。


 

銀行が限度額の多い理由

しかし、銀行のカードローンの申込み金額が多いのは、それだけが理由ではありません。 もう1つの理由、これは法律的な理由となります。 それは、総量規制の問題です。 実は消費者金融の場合、年収の3分の1以上のお金を貸し出すことができません。 これは、消費者の多重債務を防ぐためであり、これを総量規制と言います。 いくら経営基盤がしっかりしており、貸し出すお金にも余裕がある消費者金融であっても、「消費者金融」である限り、多くのお金を貸し出すことはできません。 一方で銀行のカードのローンなどは、総量規制がありません。 ですので、年収と同じ金額のお金を借りることも、決して不可能なことではないのです。 ではなぜ、銀行と消費者金融でこれほどの差があるのでしょうか。 それは、金利差です。 金利が高いことが、多重債務の原因となっています。 しかし、もともと金利の低い銀行であれば、カードのローンであっても金利は高くないので、そのリスクが少ないのです。