地方銀行のカードローン

カードローンの申込みを受け付けている銀行は、大手のメガバンクや都市銀行、そしてネット専業銀行だけではありません。 地方の人にとっては特に身近な、地方銀行でもカードローンの申込みを受け付けています。 ただし、地方銀行のカードローンとメガバンクなどのそれでは、大きく違うところがあります。 まずは申込みに関してです。 大手メガバンクなどのカードローンでは、消費者金融に近い申込み方法の多様性を有しています。 銀行の窓口はもちろんのこと、リーフレットから郵送だったり、電話からだったりと、様々な方法があります。 そしてメガバンクのカードローンで忘れてはならない申込み方法といえば、無人契約機とインターネットです。 地方銀行の場合には、方法は限定的です。 設備投資をさほどできるわけではありませんので、無人契約機を設置することはできません。 インターネットに関しても、地方銀行によって差があります。 最後までインターネットでという地方銀行はあまり多くはありません。


 

地方銀行のメリット

地方銀行の商品の特徴としては、限度額があまり多くないというのがあります。 もともと銀行には、様々なローン商品が存在します。 自動車ローンや住宅ローン、医療ローンやトラベルローン、ブライダルローンなどです。 これらに加えてカードのローンまで展開すると、かなり煩雑になってしまいます。 しかも、後発のカードのローンが人気が出てしまうと、多重債務のリスクも多くなってしまいます。 カードのローンというのは気軽に借りられる分、そういったリスクもはらんでいるのです。 メガバンクでしたら、ある程度吸収できる体力はありますが、地方銀行ではそうも行きません。 よって、限度額を低く設定して、ダメージを抑えようというのです。 しかし、地方銀行のメリットもあります。 それは、ATMが豊富にあることです。 その地域に住んでいるのであれば、ありとあらゆる場所にATMが設置されています。 自行のATMですので、利用手数料もかかりません。 買い物ついでにも利用できます。